戻る 次へ

都忘れ

名前も好きですが、薄紫の小さな可愛い花に心を惹かれて描きました。
”都わすれ”という名前の由来についてFrowerさんが教えてくださいました。

(キク科。日本の花で、紫、桃、白色などがあります。
物静かにひっっそりと、庭の片隅に咲く花に、
「都の事も忘れられる」と、承久の変で、佐渡ヶ島に流された、
順徳天皇が、たいそうかわいがられたことから、この名がつきました。
華やかさとは無縁だけれども、凛とした気品を漂わせる花です。
花言葉は、「ひとたびの想い」「別れ」など、少し物悲しいものです。)