このお話はメールで転送されてきました。
 多くの日本人が知らない感動の実話 
 ほんの数分の間、この物語を読むための時間が
 あなたにあたえられますことを・・・・
 右フレーム心のページに原文《絵物語 エルトゥールル号の遭難》
 がリンクしてあります。


小さな歴史の物語】

エルトゥールル号の遭難 〜生命の光から〜



和歌山県の南端に大島がある。

その東には灯台がある。

明治三年(1870年)にできた樫野崎灯台。

今も断崖の上に立っている。

  
びゅわーんびゅわーん、猛烈な風が灯台を打つ。

どどどーんどどどーん、波が激しく断崖を打つ。
                                      

台風が大島を襲った。

明治二十三年九月十六日の夜であった。


午後九時ごろ、どどかーんと、風と波をつんざいて、

真っ暗な海のほうから音がした。

灯台守(通信技手)ははっきりとその爆発音を聞いた。

「何か大変なことが起こらなければいいが」


灯台守は胸騒ぎした。

しかし、風と、岩に打ちつける波の音以外は、

もう、何も聞こえなかった。


このとき、台風で進退の自由を失った木造軍艦が、

灯台のほうに押し流されてきた。

全長七十六メートルもある船。しかし、まるで板切れ

のように、風と波の力でどんどん近づいてくる。

あぶない!灯台のある断崖の下は「魔の船甲羅」と

呼ばれていて、海面には岩がにょきにょき出ている。


ぐうぐうわーん、ばりばり、ばりばりばり。


船は真っ二つに裂けた。その瞬間、エンジンに海水が入り、

大爆発が起きた。


この爆発音を灯台守が聞いたのだった。

乗組員全員が;海に放り出され、波にさらわれた。

またある者は自ら脱出した。真っ暗な荒れ狂う海。

どうすることもできない。波に運ばれるままだった。

そして、岩にたたきつけられた。一人の水兵が、海に

放り出された。大波にさらわれて、岩にぶつかった。

意識を失い、岩場に打ち上げられた。


「息子よ、起きなさい」


懐かしい母が耳元で囁いているようだった。


「お母さん」

という自分の声で意識がもどった。


真っ暗な中で、灯台の光が見えた。


「あそこに行けば、人がいるに違いない」


そう思うと、急に力が湧いてきた。

四十メートルほどの崖をよじ登り、

ようやく灯台にたどり着いたのだった。

灯台守はこの人を見て驚いた。服がもぎ取られ、

ほとんど裸同然であった。顔から血が流れ、全身は傷だらけ、

ところどころ真っ黒にはれあがっていた。

灯台守は、この人が海で遭難したことはすぐわかった。

「この台風の中、岩にぶち当たって、よく助かったものだ」と

感嘆した。


「あなたのお国はどこですか」

「・・・・・・」

言葉が通じなかった。

それで「万国信号音」を見せて、

初めてこの人はトルコ人であること、

船はトルコ軍艦であることを知った。

また、振りで、多くの乗組員が

海に投げ出されたことがわかった。


「この乗組員たちを救うには人手が要る」

傷ついた水兵に応急手当てをしながら、

灯台守はそう考えた。

「樫野の人たちに知らせよう」

灯台からいちばん近い、

樫野の村に向かって駆けだした。

電灯もない真っ暗な夜道。

人が一人やっと通れる道。

灯台守は樫野の人たちに急を告げた。

灯台にもどると、十人ほどのトルコ人がいた。

全員傷だらけであった。助けを求めて、

みんな崖をよじ登ってきたのだった。


この当時、樫野には五十軒ばかりの家があった。

船が遭難したとの知らせを聞いた男たちは、

総出で岩場の海岸に下りた。

だんだん空が白んでくると、

海面にはおびただしい船の破片と遺体が見えた。

目をそむけたくなる光景であった。

村の男たちは泣いた。

遠い外国から来て、日本で死んでいく。

男たちは胸が張り裂けそうになった。

「一人でも多く救ってあげたい」

しかし、大多数は動かなかった。

一人の男が叫ぶ。

「息があるぞ!」

だが触ってみると、ほとんど体温を感じない。

村の男たちは、自分たちも裸になって、

乗組員を抱き起こした。

自分の体温で彼らを温めはじめた。

「死ぬな!」

「元気を出せ!」

「生きるんだ!」

村の男たちは、我を忘れて温めていた。

次々に乗組員の意識がもどった。

船に乗っていた人は六百人余り。

そして、助かった人は六十九名。

この船の名はエルトゥールル号である。


助かった人々は、樫野の小さいお寺と小学校に収容された。

当時は、電気、水道、ガス、電話などはもちろんなかった。

井戸もなく、水は雨水を利用した。

サツマイモやみかんがとれた。

漁をしてとれた魚を、対岸の町、

串本で売ってお米に換える貧しい生活だ。

ただ各家庭では、にわとりを飼っていて、

非常食として備えていた。

このような村落に、六十九名もの外国人が収容されたのだ。


島の人たちは、生まれて初めて見る外国人を、

どんなことをしても、助けてあげたかった。

だが、どんどん蓄えが無くなっていく。

ついに食料が尽きた。

台風で漁ができなかったからである。

「もう食べさせてあげるものがない」

「どうしよう!」

一人の婦人が言う。

「にわとりが残っている」

「でも、これを食べてしまったら・・・・・」

「お天とうさまが、守ってくださるよ」

女たちはそう語りながら、

最後に残ったにわとりを料理して、

トルコの人に食べさせた。

こうして、トルコの人たちは、

一命を取り留めたのであった。

また、大島の人たちは、遺体を引き上げて、

丁重に葬った。


このエルトゥールル号の遭難の報は、

和歌山県知事に伝えられ、

そして明治天皇に言上された。

明治天皇は、直ちに医者、

看護婦の派遣をなされた。

さらに礼を尽くし、

生存者全員を軍艦「比叡」「金剛」に乗せて、

トルコに送還なされた。


このことは、日本じゅうに大きな衝撃を与えた。

日本全国から弔慰金が寄せられ、

トルコの遭難者家族に届けられた。



次のような後日物語がある。

イラン・イラク戦争の最中、

1985年3月17日の出来事である。

イラクのサダム・フセインが、

「今から四十八時間後に、

イランの上空を飛ぶすべて の飛行機を撃ち落とす」と、

無茶苦茶なことを世界に向けて発信した。


日本からは企業の人たちやその家族が、

イランに住んでいた。

その日本人たちは、あわててテヘラン空港に向かった。

しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。

世界各国は自国の救援機を出して、救出していた。

日本政府は素早い決定ができなかった。

空港にいた日本人はパニック状態になっていた。


そこに、二機の飛行機が到着した。

トルコ航空の飛行機であった。

日本人二百十五名全員を乗せて、

成田に向けて飛び立った。

タイムリミットの一時間十五分前であった。


なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、

日本政府もマスコミも知らなかった。


前・駐日トルコ大使、

ネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。

「エルトゥールル号の事故に際し、大島の人たちや

日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、

今もトルコの人たちは忘れていません。

私も小学生のころ、歴史教科書で学びました。

トルコでは、子どもたちさえ、

エルトゥールル号のことを知っています。

今の日本人が知らないだけです。

それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、

トルコ航空機が飛んだのです。」


文・のぶひろ としもり

以上、エルトゥールル号の話は111年前の真実で、

16年前のイラン・イラク戦争時には、多くの日本人が

トルコの人によって救われました。

決して、多くに知られてはいない真実

あなたはどう思いましたか?


辛いニュースが多い世の中にほんの少しやさしさを取り戻せる、

この『小さな歴史の物語』が、

また、あなたに何かを思い出させてくれることを・・・・


                                                                                                                    

《番外編の続編》
記念切手
トルコと日本の友好をしめすものとして両国から切手が発行されていた。

▼関連情報
国際派日本人養成講座
平成11年8月28日 12,359部発行

_/_/     地球史探訪:エルトゥールル号事件のこと
_/_/        
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/      1.テへランに孤立した邦人
_/_/      2.日本・トルコ関係史に無知な朝日
_/_/      3.駐日トルコ大使のコラム
_/_/      4.島民挙げての救援活動
_/_/      5.明治日本人のオープンマインド
_/_/      6.「当然のことをしたまでです」
_/_/    
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 
 トルコで大地震が起きた。トルコと日本との間には、次の文章
  で紹介するような古くからの友好関係がある。これを機に、二つ
  の国民が歴史を通じて友好関係をはぐくむということは、どうい
  うことかを考えてみたい。

   共鳴された読者は、ぜひこの友好の歴史に新たな一ページを加
  えるべく義捐金にご協力お願いします。また募金活動支援のため、
  本号の転送・転載は自由です。

   義捐金は、郵便振替で、「トルコ地震」と記入の上、日本赤十
  字社、00110-2-5606まで。物品は受け付けできない。

------------------------------------------------------------
       エルトゥールル号事件のこと
                        (国民同胞平成10年3月号より転載)
                                占部賢志(福岡県、高校教諭)

■1.テへランに孤立した邦人■

   昭和60(1985)年3月18日の朝日新聞朝刊に「イラン上空
  飛行すれば攻撃/イラクが民間機に警告」という見出しが躍った。
  当時はイラン・イラク戦争(1980-1988)の真っ只中であり、長
  びく戦闘にしびれを切らしたイラクのサダム・フセインは、つい
  に総攻撃体制に入ったのである。

   その一環として、あろうことか、テへラン上空を航行する航空
  機はいづれの国のものであろうと撃墜するという方針に出たので
  ある。期限は日本時間の3月20日午後2時。

   明けて19日の朝刊トップは「邦人に動揺広がる/脱出路探し
  に必死」と大書。外国航空の特別便が一部運航することにはなっ
  たものの、自国民優先のため日本人ははじき出されてしまい、邦
  人一行の不安におののくさまを伝えた。

   外務省は救援機派遣を日本航空に依頼したが、 「帰る際の安
  全が保障されない」として日本航空側はイラン乗り入れを断念し
  たという。事態はますます深刻度を増した。同日タ刊には「テへ
  ラン 邦人300人以上待機」という見出しを掲げ、現地に釘付
  けとなった邦人の孤立状況が続報された。

■2.日本・トルコ関係史に無知な朝日■

   こうして、もはや万事休すと思われた土壇場、翌20日の朝刊
  に「テへラン在留邦人希望者ほぼ全員出国/トルコ航空で215
  人」という朗報が載った。

   何とトルコ航空機がテへランに乗り入れ、邦人215人を救出
  してくれたのである。

   まさに間一髪であった。掲載された写真には無事脱出できた子
  供たちを含む邦人家族の喜びの顔が写っている。

   さて、ここで考えなければならないのは、なぜトルコが危険を
  冒してまで邦人を助けたのかということであるが、この疑問に対
  して朝日新聞の記事はこうである。

   すなはち「日本がこのところ対トルコ経済援助を強化している
  こと」などが影響しているのではないかと、当て推量を書いてお
  しまいなのである。

   自国の歴史に無知とはこういうことを言う。日本とトルコには
  歴史的に深いつながりがあるのだ。この記事を書いた記者が知ら
  ないだけである。

   無知だけならまだしも、金目当ての行為であったかのように書
  くとは冒涜もはなはだしい。トルコは長いあいだ日本に対する親
  愛の情を育ててきた国である。

■3.駐日トルコ大使のコラム■

   その証左として、昨(平成9)年一月の産経新聞に載った駐日
  トルコ大使ネジャッティ・ウトカン氏のコラムを紹介する。

   これを読むだけでも、トルコが何故日本に親愛の情を寄せるに
  至ったかの消息が明らかになろう。それは日露戦争をさらに遡る
  明治二十三年の出来事に端を発している。

    勤勉な国民、原爆被爆国。若いころ、私はこんなイメージを
  日本に対して持っていた。中でも一番先に思い浮かべるのは軍
  艦エルトゥルル号だ。1887年に皇族がオスマン帝国(現ト
  ルコ)を訪問したのを受け1890年6月、エルトゥルル号は初の
  トルコ使節団を乗せ、横浜港に入港した。三ヵ月後、両国の友
  好を深めたあと、エルトゥルル号は日本を離れたが、台風に遭
  い和歌山県の串本沖で沈没してしまった。

    悲劇ではあったが、この事故は日本との民間レべルの友好関
  係の始まりでもあった。この時、乗組員中600人近くが死亡
  した。しかし、約70人は地元民に救助された。手厚い看護を
  受け、その後、日本の船で無事トルコに帰国している。当時日
  本国内では犠牲者と遺族への義援金も集められ、遭難現場付近
  の岬と地中海に面するトルコ南岸の双方に慰霊碑が建てられた。
  エルトゥルル号遭難はトルコの歴史教科書にも掲載され、私も
  幼いころに学校で学んだ。子供でさえ知らない者はいないほど
  歴史上重要な出来事だ。

   ここに挙げられたエルトゥールル号遭難に際して、台風直撃を
  受けながらも約70人のトルコ人を救助した地元民とは、和歌山
  県沖に浮かぶ大島の村民である。

■4.島民挙げての救援活動■

   当時、通信機関も救助機関もない離島のこととて、救助は至難
  を極めたという。怒涛に揉まれ、岩礁にさいなまれ、瀕死のトル
  コ人達に対して、大島村民は村長沖周の指揮のもと、人肌で温め
  精魂の限りを尽くして救助に当たった。

   さらには非常事態に備えて貯えていた甘藷や鶏などの食糧の一
  切を提供して精をつけ、彼らの生命の回復に努めたのである。

   この事件の詳細な消息は、陣頭指揮をとった沖村長がみずから
  まとめた「土耳其軍艦アルトグラー號難事取扱二係ル日記」に克
  明に記されている。知る人も知ろうとする人も少ないだけである。

   ちなみに、エルトゥールル号遭難4年前の明治19(1886)年に
  は、同じく紀州沖でイギリス貨物船ノルマントン号事件が起こっ
  ている。こちらの方は現在も小中高の歴史教科書に掲載されてい
  て、多くの子供たちも周知の史実である。

   難破して沈没する船を放置して船長のドレイク以下外国人船員
  は全員がボートで脱出、乗り合わせていた日本人乗客25名は見
  捨てられ、全員船中に取り残されて溺死するという無残な結末と
  なった。

   にもかかわらず、領事裁判権を持つイギリス領事は船長に無罪
  判決を下した。のち日本政府は船長を殺人罪で告訴したが、3ヵ
  月の禁鍋程度で賠償は一切却下。まさに不平等条約の非情さを天
  下に知らしめた事件である。

   それからまもなくエルトゥールル号の遭難事件は起こった。大
 島の村民もノルマントン号事件に見られた残酷な仕打ちは知って
 いたであろう。それでも前述のように異国の人々の救助に献身し
  たのである。

■5.明治日本人のオープンマインド■

   いったいこの精神の高さはどこから来るのか。この点に関して、
  トルコ大使に就任した遠山敦子氏と東京大学教授の山内昌之氏は、
  こう述べている。 (中央公論社「世界の歴史」第二十巻月報)

    山内: 明治時代の初等教育の普及率は大変な高さですね。小
  学校の就学率は、明治30年代で90パーセントを突破します。
  1891(明治24)年には非識字者は26.6パーセントでした
  が、明治の最後の年になると字が読めない人の率は2.9パー
  セントに低下しています。 (中略)これが明治日本の成功の
  大きな理由だと思います。そして、そこにエルトゥールル号救
  助の際の献身的な行為が生み出されてくる。

    遠山: そのとき、救助にあたった村民たちがエルトゥールル
  号の乗組員を人肌で温めて蘇生させたとか、村中の二ワトリを
  かき集めてご馳走したとか、エルトゥールル号事件には、私は
  大変感動しておりまして・・・。言葉は通じないけれど、1890
  年にすでに日本の国民は、地方でもオープンマインドをもって
  いて、いざというときには人類愛というか人間愛を発揮できた
  んですね。

    山内: そこに困っている人たちがいる、遭難している人たち
  がいたら助ける、そこに理屈は何もない。この無償の行為に強
  く心がうたれますね。やはり初等教育の普及といったことが背
  景にあって、知らず知らずに人間愛が生まれてくる。これがや
  はり文明というものだと思います。

   この対談で山内氏は初等教育の普及が育んだ人間愛について言
 及しているが、たしかに沖村長とともに救援活動に最も功労があ
  ったと言われる樫野区長の斉藤半右ヱ門は、当時樫野小学校創立
  期の学務委員として初等教育確立に尽カした人物である。救援活
  動の過労と心労のためか翌年死去したが、誠実な人であったという。

   ただし、筆者は近代教育が与えた影響は否定しないが、むしろ
  側隠の情は近代以前から地下水のごとく育まれていたと見るべき
  ではないかと想像する。そうした精神的基盤があったればこそ、
  わが国の近代初等教育に生命が宿ったと見る者である。

■6.「当然のことをしたまでです」■

   いずれにせよ、一世紀を経た昭和60年に身の危険をも顧みず
  トルコがテへランに孤立した日本人を救出したのは、エルトゥー
  ルル号事件に対する恩義を背景として培われた親日の行為だった
  と見てはじめて得心がゆく。

   じつは、このエルトゥールル号事件のことを授業の教材にすべ
  く、昨年七月にトルコ大使館から貴重な資料を送っていただいた。

   その際、邦人救出に対して感謝の旨を伝えると、大使は通訳を
  通じて「いやぁ大したことではありません。当然のことをしたま
  でですよ」とこともなげに謙遜されたが、忘れ難い言葉である。

   かくてこれらの資料のほか和歌山県の串本町や、この事件の顛
  末を調査研究された和歌山県立串本高校の森修先生(故人)の遺
  族の方などから送っていただいた資料をもとに、昨秋「日本・ト
  ルコ関係史−エルトゥールル号事件の顛末−」と題する主題学習
  にこぎつけることができた。

   今どきの高校生であっても、こうした史実に学ぶと、例えば
  「明治の人々は、見ず知らずの外国人に広く優しい心で接してい
  る。トルコの人も今も変わらず日本人を思っていてくれてジーン
  とした」と率直な感動を示すものである。

   一方、経済援助に対する見返り行為だと憶断する朝日新聞の記
  事に対して、「自分が日本人であることが恥ずかしくなった。感
  謝することが大事だと思う。経済的にではなく、気持ちで恩返し
  したい」と胸のうちを吐露する生徒もゐて頼もしい。

               ★★★

   歴史教育とは、闇に隠されてしまった史実をも虚心に掘り当て、
  今の世に鎮魂と顕彰の記念碑を打ち立ててゆく地道な作業である。
  目下、春を迎へて如何なる史実をどのように取り上げるか、思案
  と勉強の最中である。

■ 関連記事 ■
 JOG(7) 国際派日本人に問われるIdentity
    昭和四十四年に、山口康助氏(現・帝京大学教授)がトルコの
  古都ブルサに泊った時、ある古老が片言の日本語を混えて、
  「ジャポン! ニチロ、アラガート(日本の人たちよ! 日露戦
  争に勝ってくれて有難う)」と、呼びかけてきました。続いて
  古老は、日本が日露戦争に勝った時、トルコ人は狂喜して、息
  子や孫に「トーゴー」「ノギ」の名前をつけ、イスタンブール
  の街には、「東郷通り」「乃木通り」ができた事など、語った
  そうであります。

                                           
              Home(トップへ戻る)