暮らし
EM
EMとはEffectiveMicroorganismsの略語、有用な微生物群という意味です。
EMについてはEM研究所のHPをご参照ください。
EMに含まれる主な微生物-*-乳酸菌群、酵母群、光合成細菌群、発酵系の糸状菌群、グラム陽性の放線菌群
管理人のお勧めホームページ・・・EM菌家事日記

手作り石鹸(EM&ハーブ)EMボカシ/EMダンゴ/発酵液EM納豆??
発酵液でゴキブリが!!何故?廃油なの?カモミールとEMの石けん
手作り石鹸を使った人の感想
EMセラミックスAパウダー入り排油石鹸 
EM排油石鹸
 2012/09/7  久々にEM排油石鹸つくり。用途(ハンドソープ・台所用・洗濯物部分洗い)
 1500CCの排油に精製水400CC、EMセラミックスAパウダー75g 苛性ソーダ225g
 精油(レモングラス・ユーカリ・ゼラニウム・ハッカ油)

台所の油汚れ、肴の臭いもなくなりすっきり洗いあがります。
春先からのEMハーブ石鹸
【春先からのEMハーブ石鹸】 2008/02/22
無添加素材、EMセラミックスAパウダー使用
 ・ジャーマンカモミール ・ローマンカモミール ・マリーゴールド ・カルダモン ・グリーンクレイ ・ピンククレイ ・竹炭 ・チョコレート

使用可能年月日 2008年3月21日〜
試供し始めました。使い心地d(-。^)good!!です。洗髪にも使っていますが、泡切れが良くお湯が無駄になりません。カラフルで香りも楽しめて癒されています。環境にもやさしいのですが、使いすぎないように気をつけているんですよ♪

材料のオイル≪オリーブバージンオイル・ココナッツオイル・パーム核油・レッドパーム油・椿油・ココアバター・シアバター・マカダミアナッツ油・米胚芽油・ひまし油・オリーブスクワラン≫用途によって配分を変えてあります。
石鹸の色やオプションに使う素材によって精油のブレンドもそれぞれ違います。
EM石鹸(ハーブ入り)
2005/07/27 (*-゛-)ウーン・・何ということでしょう・・・メダカの池にいたウシガエルが半月ほど前、交通事故にあってからは、また増え始めていたメダカたちですが、なんと!!今度はカメがやってきたではありませんか!!日本ガメの小亀です。(・。・。ゞ−☆アッ〜やっと増えてきたのに〜っ!今日見ると元気に泳ぎ回っていたメダカたちの姿が・・・・・自然界の宿命とはいえ・・・w(☆o▽)wガーン
カメさんもっと広い池に引っ越したほうが良いと思いますけど・・・・
2005/07/24 出来上がったEMダンゴを家周りの溝に入れました。
どんな変化が起こるかな〜??
メダカの池や地下水が湧き出している水の通り道も出来たばかりのEMダンゴと取替えました
EMダンゴ

  この違いは!!
 2005/07/20AM7:00撮影 「3日目のEMダンゴ」 湿らせた新聞紙をかぶせ、2つの箱を重ねて洗濯場の棚の上に置いています。糸状菌に覆われ始めているのが、メダカの池の泥を入れたダンゴです。つまり”ヘドロ”というやつ。田んぼの泥も同じようなものだと思いますけど(~_~;)・・・驚きですね!!こんなに違いが現れるとは!!変化のないのは池の泥が入っていません。多少白っぽくなっているのもあるようですが・・・
 メダカの池には定期的に発酵液、EMダンゴを入れています。メダカもヤゴも日本アカガエルもタニシも増え続けていますから、環境的には良い状態ではないかと思っています。EMダンゴが出来上がったら家周りの溝にも入れてみようと思っています。真っ白けになるのは何日先でしょう・・・・(#^.^#)
1時間半くらいかかりました。すぐれもので〜す♪
作ったばかりのEMダンゴ
 2005/07/18 久々にEMダンゴを作りました。今日は晴天、海水浴なんて最高だろうなぁなんて思いつつ、赤土とEMセラミックスパウダー(テラ)をバケツにいれ、1ヶ月前から仕込んでおいたボカシもよい状態に発酵している。今回はメダカの池の水溜りの表面に堆積しているなめらかな粘土状の土をすくい上げ2次液を加えて混ぜ合わせる・・・この土を入れると団子が丸めやすくてGood(^_-)-☆・・・出来た団子は木箱で寝かせる。
※乾燥しすぎないように濡れた新聞紙をかけておきます。
1週間後が楽しみです(*^_^*)・・・糸状菌で覆われると成功
★作り方はこちらから
手作り石鹸(EM&ハーブ)カモミール入り
きめ細やかな泡立ち(*^_^*)いい香り♪〜
2005/06/29
 先月作ったカモミール入りの石鹸が今まで作ったEM石鹸よりもさらに泡立ちが極め細やかであることに気付きました。手のひらで泡立てていると、石鹸の中のお花が泡の中に解けてゆくときほのかに甘い香りがします。
 それで、今度はオリーブオイルを使ってカモミールを前回よりも2割ほど多めに使うことにしました。2005/06/28午後1時半から作り始め、型入れ時は夜10時頃、このときにカモミールのお花とピュアエッセンスを3種類混入、保温器に入れ2005/06/29の朝7時頃切り分けました。
 今まではエッセンスの量を控えめにしていたため、オイルの匂いのほうが勝ってしまい、使っていてほのかに香る程度でした。今回はエッセンシャルオイルを香りを確かめながら入れてみました。今部屋で乾燥中ですが、部屋中に甘い香りが漂っています。熟成して使う段階でどのくらい香るかは、オリーブオイルを使用しているので6週間待ってみてからになります。
カモミール入り・EM石鹸の作り方
●準備するもの
ゴム手袋マスクメガネガラスのボール又は園芸用の注ぎ口のついたバケツステンレスの泡立て器(又は木の棒)牛乳パックゴムベラ軽量カップ広口のビンペットボトル温度計(てんぷら用)
●材料
A)
米のとぎ汁発酵液上澄み液(2次、3次培養液でもよい)又は精製水・・・・・80cc
※自家栽培したハーブエキス(カモミール、ヨモギ、レモングラス、ミント、ハイビスカス)・・・・・80cc
※(ハーブのインフューズドオイル(浸出油)の作り方はこちらのサイト)オイルにハーブエキスを入れ湯煎にかけて抽出する方法です。
B)
苛性ソーダ(薬局に印鑑持参で購入可)・・・・・90g
C)
EMXセラミックスパウダースーパー・・・・・5g
  EMXセラミックスAパウダー・・・・・15g
スーパーは蘇生を促す働きがあり、Aパウダーは有害物質を吸着除去・軽減する。
量の違いについては、出来上がりの色を明るくしたい場合はAパウダーを多めに、スーパーを少なめに使っているという単純な発想です。(・スーパーはグレー ・Aパウダーはオフホワイト)
D
オリーブバージンオイル・・・・・300cc
 廃油・・・・・300cc
※オリーブオイルは肌の健康に効果を持つスクワレンとオレイン酸を多く含む。廃油にはメラノイジンが含まれる。
E)
カモミールの花(乾燥したものでガクと花びらを除く)・・・・・約15g
F)
ピュアエッセンス(ラベンダー50滴、ローズ20滴、フランジュパニ20滴)

※ピュアエセンスの配合、分量については香りの種類や強弱に好みがあるかと思いますのでこちらのページを参考にされるのもよいかと思います。
作る手順
(1)
ペットボトルに(A)米のとぎ汁発酵液(又は精製水)とハーブエキス(C)EMXセラミックスパウダースーパーを入れ、蓋をして振りよく溶かす。
(2)
作る場所は台所などの流し台がよいと思います。メガネとマスクとゴム手袋をして、分量の約2倍以上の広口の耐熱ガラスビンに(B)苛性ソーダを入れ(1)を少しずつ加え苛性ソーダが溶けるまで混ぜる。
 (この時に発熱しガスが発生します)
液が飛び散らないように注意!もし皮膚に飛び散ったり目に入ったときはすぐ流水でよく洗い流すこと。必ず苛性ソーダの使用上の注意事項をよく読んで下さい。
(3)
氷水を入れた容器に、(2)を入れ38℃くらいまで冷ます。
(4)
ガラスかステンレスのボールに(D)オリーブオイルと廃油を入れ、湯銭にかけて38℃に温まったら、(3)を少しずつ加えながら泡立て器で手早く、飛び散らないようによく混ぜ合わせる。約10分〜20分
(5)
よく混ざったらラップをして安全な場所に置いておき、泡立て器からしたたるタネで絵が描ける状態(ドロッとした状態)になったら型入れ時。この時に(E)カモミールと(F)ピュアエッセンスを加えよく混ぜ合せます。
(6)
手袋をはめ型(牛乳パックを利用)に流し入れ、ゴムべらでタネが残らないようにすくい取ります。発泡スチロールの保温箱に入れ、しっかりと蓋をして羊羹くらいの固さになったとき(一日〜数日)に取り出し、ゴム手袋をはめ好みの大きさに切り分ける。
(7)
日の当たらない通気のよい場所で熟成させます。オリーブオイルだと6週間経つと使用できます。

※作ったばかりのときはアルカリが強いので、長く熟成させるほど、肌にやさしい石鹸になるそうです。
何故?廃油なの?
 環境配慮、リサイクルが目的でもありますが、使ってみて肌にやさしいということを実感できました。
実は、廃油というイメージから、はじめは使うことにためらいがありました。廃油の臭いが身体につくのではないかと不安も感じましたが、使ってみて目からウロコ!!これはもう手放せない!!と、手作り石鹸にハマってしまったのです。
『手作り美肌石けん』の著者「今井龍也氏によると、「適当に使用した食用油のほうが、まったく新しい油で作った石鹸より肌にやさしいのではないかということがわかりかけてきました」同著から一部引用。
 「油を揚げ物に使いますと、油が褐色の色調を帯びてきます。これは油と揚げ物のたんぱく質の成分であるアミノ酸(アミノ基を有す)とブドウ糖など還元性のある糖(カルボニル基を有す)が加熱されて、アミノカルボニル反応という化学反応を起こして、メラノイジンという物質(群)を作ります。そのメラノイジンが褐色色素の本態です。
 このメラノイジンが抗酸化作用を発揮するのだそうです。「多くの患者さんに使用していただいた結果では、テレビで宣伝している市販の高価な石けんや、通信販売で1万円もするフランス製のオリーブ石けんよりも良かったと言っておられる患者さんもいらっしゃいます」ということです。
手作り石鹸(EM&ハーブ)
柑橘の石鹸です(*^_^*)カモミールのお花の石鹸です(#^.^#)
2005/05/16
 EM&ハーブ石鹸を作り始めて3ヵ月、初めてのときは固まるまでに4週間もかかりました。
1ヶ月後使ってみて使い心地の良さに感激し、知人に使ってもらって感想を聞いてみたところ、使い始めて身体の痒みが治まった、つるつるして良いね〜♪気に入りました。という嬉しいコメント。そしてみんなでお肌にも環境にもやさしい石鹸作りにハマってしまいました♪ 今では、石鹸のレシピ絵本を購入、ハーブエッセンスを入れるタイミングとか配合なども参考にしながら挑戦しています。
石鹸の作り方はこちらから

 石鹸って、作ってすぐには使えないんです!何故かって!?作ってすぐはアルカリが強いので、1ヶ月以上寝かせてから使用するのがよく、長く置いて塾生させるほどお肌に優しい石鹸になるのだそうです♪〜
 

石鹸を使った方からのコメントです。
EM生ゴミボカシ/EMだんご/米のとぎ汁発酵液
2005/05/24撮影
 湧き出している地下水の通り道にEMダンゴを置いておくと水垢がつかなくなります。池に入れたばかりのEMダンゴは浮いていますが数秒後には沈み、暫くするとニシが団子の周りに群がってきます。めだかもダンゴをつつき始めます。EMダンゴの作り方
 2003年夏、メダカの池を作って飼育を始めましたが、池に青子が湧いてメダカが見えにくくなって困っていました。2004年春頃からEM米のとぎ汁発酵液を入れるようになって1週間ほどで、なんと!水が澄み切ってきたではありませんか!これには驚きました。え〜っ!!(゜o゜)!こんなのあり〜!微生物の力ってすっご〜い!!わくわくドキドキ・・・・それからEMにハマった生活が始まっていきました。 

 2004年4月頃、障害者施設勤務のMさんから”ぼかし”(米ぬかにEMを混ぜ合せ発酵させたもの)で堆肥を作って家庭菜園に利用することを勧められ、障害者施設の工場で生産している”ぼかし”10k1.000円をMさんより購入。ぼかしは2003年から柑橘園に使用していました。生ゴミボカシは以前から20リットルのタッパーを利用して作っていましたが、Mさんお勧めの台所用の専用処理バケツは液肥(生ゴミボカシから出る水分)を採取できるようになっており、液肥は排水溝に流すと水質改善にもなるし、500倍から1000倍に希釈し菜園や花壇に撒くと微生物やミミズなどが増えるので土壌改良に役立ちます。便利な道具のおかげで生ゴミ処理がやり易くなりました。

 2004年5月末頃、下関からTさん家族(ヤーコンの種芋を購入された方)が来訪、EMに関する詳しい情報を入手することできました。TさんはEMボカシで栽培された野菜、EMダンゴやEM石鹸、台所用プリン石鹸、セラミックスパウダー、
EM活性液の培養方法、EM石鹸の作り方の資料など送ってくださいました。
 資料をもとに培養液をどんどん増やし庭に毎日撒くようになってからは花木も野菜も元気に育つようになりました。米のとぎ汁発酵液を入れるようになったメダカの池にはトンボ(ヤンマー・シオカラトンボ)が飛んできて卵を産みつけ、2005年5月羽化しているところも撮影。日本アカガエル(卵を産みおたまじゃくしがいっぱい)・川えび・タニシもいます。水質を浄化するといわれる植物睡蓮・葦・花ショウブ)もよく育っています。 
  
生ごみ用ボカシ / 生ゴミ処理バケツ / 生ゴミボカシ
 2005年3月には石鹸作りの仲間がホームセンターで新式の生ゴミ処理バケツを見つけたといって買ってきてくれました。液肥を蛇口から出せるので処理が楽になりました。またEMショップも捜してくれて、いろんなEM製品を揃えることが出来、生活に役立っています。仲間が増えると、それぞれの経験から情報交換できるので使い道も広がっていきます。

我が家流*-*生ゴミボカシの作り方と利用
 生ゴミ用ボカシは大き目のタライに10kの米ぬか、2.5kの籾殻、糖蜜40cc、EM1(1次培養液)40cc(
糖蜜、EM1共に家では心もち多めに入れています。多少多めのほうが失敗もないと聞いたのでそうしています。)、お湯(45℃)2.5リットルを丁寧に混ぜ合せ、20リットルのタッパーに体重をかけてギュウギュウ詰めに入れ、しっかり蓋をして暖かい場所(冬場だとコタツの中)におくと約3日〜1週間で発酵します。甘酒のような甘い発酵臭がしたら出来上がりです。生ゴミに対するボカシの量は、三角コーナーいっぱいの生ゴミに対し一握りくらいと言われていますが、我が家ではそれよりも多めに入れています。多めに入れるほうが失敗がなく匂いも気になりません。処理バケツが生ゴミボカシでいっぱいになると上記右端写真のタッパーに移し籾殻や粉砕した貝殻などを混ぜ合せしっかり蓋をして、数ヶ月発酵させ、畑に撒くときにはさらに籾殻を混ぜ合せてから撒きます。
 2005年5月18日おたまじゃくしに足が生えているのもいるし、もう蛙になって(まだ小さい)水溜りで泳いでいるのも発見。庭の池で生物観察ができるなんて思いもしなかったことです。
 
 最近(2005/05/18)ウシガエルもやってくるようになったので、これにはちょっと困っています(~_~;)鳴き声と、雑食性というのがこまりもの、他の生き物がいなくなっちゃうかと心配・・・・・・(~_~;)
  EM昇天・・・    
2005/05/25 倉庫周りに米のとぎ汁発酵液を、ペットボトルの蓋を開け直播した後ゴキさんが天国へ・・・
 2005年5月25日とぎ汁発酵液が増えてきたので倉庫や建物周辺に希釈せず撒いたところ物陰にいた中くらいのゴキブリがひっくり返って死んでいる!また倉庫では中くらいのムカデが動きがにぶくなってたくさんの足だけをうごめかしている!これって!!EMのせい!?庭では100倍〜500倍の希釈液をスプレーすると、庭木についていた尺取虫が葉っぱから落ちてもだえていたし、糸にぶら下がって必死で逃げていた・・・ナメクジも少なくなったみたいだし・・・

 そういえば、家の台所にはゴキブリが1匹もいない。流し台の中にもゴキブリの糞ひとつ落ちていない。ゴキブリダンゴは所々に置いてはいるけれど、それだけの効き目なのだろうか?ここのところ、家の中ではスプレー片手に雑巾掛けを毎日かかさずしないと落ち着かない状態。車や建物の外壁、柱などにもスプレーしている、いつもならムカデが家の中にいたりするのに、今年はまだ見ない・・・
 
 そんなこんなで、毎日掃除が楽しくてしょうがない(#^.^#) タバコのにおいも消えて、空気が清々しい・・・主人がタバコを吸う場所にはいっぱいシュッする。衣服についたタバコの臭いも不思議だけど消えてしまうので、いないところで、シュッシュッシュッ!!(*^^)v 最近、私の車に乗ってタバコを吸うので、乗車後はエアコンのスイッチを入れて全体にEMスプレー!さらに吹き出し口に向けてシュッしておくと、臭いが消えているのです。不・思・議!(・・?

 家は自営業(畳製造業)を営んでいるので、ホコリが特にひどく、作業場を掃除するときは、まずマスクに100倍から500倍のEM希釈液をスプレーし、作業場全体にもスプレーしながら清掃します。清掃後も部屋全体にスプレーしておくとホコリが立ちにくくなります。微生物ってそんな働きもするのですね・・・またまた感激!\(^o^)/
EM納豆???
  
2005/05/19
 台所の掃除をしていて、乾物ものをしまう棚から大豆が出てきたので、菜園に撒いてみようと思い、エンバランス活性水ポットの水をエンバランスパックに入れ、EM米のとぎ汁発酵液の希釈液をスプレーして芽が出るのを待っていたところ、なんと2日後、あれれ!?なにこれ??糸状菌?納豆菌?顕微鏡がないので確認することは出来ませんが、上記写真のような状態になり、匂いを嗅いで見ると甘い香りがします。思わず食べてみたくなって生のまま食べました。納豆ほどはネバネバしていないけれど、ねばりっけがあって、「う〜ん・・・これは!!元気になれそうな食べ物かも!!」そんな感じで時々おつまみにしています。食べ初めて5日目・・・わたしは(#^.^#)元気 「そうだ!(^^)!今度は蒸した大豆にシュッしてみよう!」 ワクワク・・・いろんなこと!試してみたくなる(#^.^#)
EMダンゴの作り方と活用について
材料
1. 赤土(粘土質のものが効果大)乾燥、破砕、粉状のもの・・・・・2kg
※固まっている場合はハンマーなどで粉状になるまで砕き、細かい目の篩(ふるい)で粒を整える。
2. 2次培養液・・・・・適量
※赤土を混ぜ合わせる時に、丸めやすい程度。
3. EMぼかし・・・・・1kg
4. EMXセラミックス粉末・・・・・50g
※EM菌が住みやすくするために効果的
作り方
1. 材料1〜4を調合し、よくこねて(粘土をこねるように)4〜5cmのまるいダンゴを作る。
2. 出来上がったら、雑菌がつかないよう清潔なビニールの上か、園芸用のプラスチック製のカゴに並べて室内で発酵するのを待つ。※乾燥しすぎないように濡れた新聞紙をかけておく。
3. 1週間くらいで糸状菌がダンゴ周りに出てくる。全体が白い糸状菌で覆われたら大成功
活用方法
池、川、排水枡等の水質改善に使用。ダンゴなので沈み溜まっているヘドロにくっつき、ヘドロなどを餌にし分解を始めるので、結果的に水質が改善される。
全国各地でボランティアなどの協力により、河川の水質改善にEMダンゴが使われています。
EM活性液培養の手順
1次培養液
EM原液(1次液・2次液・3次液合せ)・・・・・60cc
糖蜜・・・・・60cc
地下水(または水道水の汲み置き)のお湯(36℃〜40℃)・・・・・1800cc
※2〜3日で発酵
2次培養液
1次培養液・・・・・400cc
糖蜜・・・・・400cc
地下水(または水道水の汲み置き)のお湯(36℃〜40℃)・・・・・1200cc
※2〜3日で発酵
3次培養液
2次培養液・・・・・200cc
糖蜜・・・・・200cc
地下水(または水道水の汲み置き)のお湯(36℃〜40℃)・・・・・1600cc
※2〜3日で発酵
米のとぎ汁発酵液
3次培養液・・・・・100cc
糖蜜・・・・・100cc
米のとぎ汁(2回目まで)・・・・・1800cc
※季節により、発酵時間には差があります。暖かいと発酵しやすく、気温が低い時期では日にちがかかる場合があります。気温が低い時期は、お風呂のお湯にペットボトルごとぷかぷか浮かべておくとよいと思います。
手作り石鹸(EM&ハーブ)の作り方の基本
準備するもの
ゴム手袋マスクメガネガラスのボール又は園芸用の注ぎ口のついたバケツステンレスの泡立て器(又は木の棒)牛乳パックゴムベラ軽量カップ広口のビンペットボトル
材料
1. 米のとぎ汁発酵液上澄み液(2次、3次培養液でもよい)・・・・・40cc
※自家菜園で栽培したハーブのエキス・・・・・40cc
※(ハーブのインフューズドオイル(浸出油)の作り方はこちらのサイト)オイルにハーブエキスを入れ湯煎にかけて抽出する方法です。
2. 苛性ソーダ(薬局に印鑑持参で購入可)・・・・・45g
3. EMXセラミックスパウダースーパー・・・・・15g
4. 廃油・・・・・300cc
作る手順
1. ペットボトルに米のとぎ汁発酵液とEMXセラミックスパウダースーパーを入れ、蓋をして振りよく溶かす。
2. メガネとマスクとゴム手袋をして、広口のビンに苛性ソーダを入れ1.を加え苛性ソーダが溶けるまで混ぜる。(この時に発熱しガスが発生します)
液が飛び散らないように注意!もし皮膚についたときはすぐ流水で洗い流すこと。
3. ガラスかステンレスのボールまたはポリバケツに廃油を入れ、2.を少しずつ加えながら手早く、よく混ぜ合わせる。約10分〜20分
4. よく混ざったら牛乳パックに流し入れ、発泡スチロールの保温箱に入れ、しっかりと蓋をして羊羹くらいの固さになったときに取り出し、ゴム手袋をはめ好みの大きさに切り分ける。
5. 日の当たらない通気のよい場所で熟成させる。約1ヶ月経つと使用できます。
使用先
1. 台所の食器洗いに
2. ワイシャツの衿汚れ、靴下の手もみ洗い、運動靴洗い、
3. 我が家ではお風呂でも使っています。ハーブエッセンスを加えているので良い香りがしますし、ハーブエキスが入っているのでリンス効果もあります。ハーブエッセンスを入れるタイミング、分量などは石鹸のレシピ絵本を参考にしました。※我が家流エッセンス入り「手作りEM&ハーブ入り石鹸」の作り方はこちらから 
EM&ハーブ石鹸を使用した人からは痒みがなくなり、使用感が良いのでもう手放せないという感想を頂いています。環境にもやさしいので一人でも多くの人に使っていただきたいという思いでいっぱいです。是非お試しください。(^_^)/~ 
手作り石鹸を使った方からのコメントです。
 2005/08/04 E.Kさんより...
環境を考えて、というところにまたまた惹かれてしまいますね。
今日、お裾分けした人に感想を聞いたところ、大変気に入っていました。
また私が購入するときには一緒に頼んでくださいとのことでしたよ。
彼女は小学校3年生と保育所の子供がいて、下の男の子は髪の毛から全部、あの石けんで洗ったそうです。突っ張らないのがいい感じ、と言っていました。ラ
ベンダーの方を使ったので、今日は茶色のを使うのを楽しみに帰りました。
やっぱり、同感してくれる人がいるとうれしくなりますね。
どんどん、新しいものにもチャレンジしてくださいね。ファンの一人として応援しています。


 2005/08/03 E.Kさんより...
一昨日はわざわざ石けんを持って来ていただいて、どうもありがとう!
早速、昨日ラベンダーの方を、今日茶色い方を使ってみました。
お湯で濡らすと高級洗顔石けんのような質により近くなったような気がします。
香りの方は以前いただいたときのものの方が良く香った気がしました。
私が疲れてるから臭覚が鈍感になっているのかもしれませんが…。
今日使った茶色い方は、肌がつるつるになる感じプラス肌色を白くしてくれているような気がして、とても気に入りました。良く泡立てるととても気持ちいい!


 2005/08/03 M.Iさんより.....
2日目、使用しているネットで泡立てたらよく泡立ちました。
泡切れも良いようです。
続けてみる価値有るかも・・・・金曜日に5個位持って来て頂けますか?
作る所までは参加出来そうに有りませんので続けて使用させて頂きます。

2005/08/02
帰って早速洗顔しました。
普段バーナルの洗顔石鹸しか使っていないので、泡立てが少し少ないように感じました。

でも後で何度も顔を触ってみるのですがツルツルして気持ちが良いです!
歳には勝てないでしょうが、続ければ少しは張りも戻るかしら?

聞けばオイルやハーブや結構高いものに付いているんですね。


 2005/07/31 E.Mさんより
(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O^*)ワーー!
昨日頂いた石鹸早速使って\(◎o◎)/!お肌つるつる
ありがとう 9月から又よろしく  (^。^)/~~サヨナラ(^。^)/~~サヨナラ(^。^)/~~サヨナラ(^。^)/~~


 2005/05/25 E.Kさんより...
「ホント、ツルッツルです♪」
驚きました。私の中では「廃油」という言葉のイメージが強くて、いままで女性の会作成のせっけんについては台所と洗濯にしか使用してませんでした。なんとなく、油臭さも気になって…。「お風呂が楽しみ」という言葉に惹かれて今夜使ってみて驚き!ほんとにつるつるですね。キシキシした感じがちっとも残らない。洗顔にも使いました。(いいのかしら?)白いほうの香りが好きです。グレーほうは炭の石けんの使い心地に似た感じ。
お風呂上がりの化粧水の吸収もすごくいい。朝が楽しみです。


 2005/05/26 Y.Mさんより...(2005/05/23に我が家でEM講習会をした後、石鹸作りや生ゴミボカシに挑戦中)
(石鹸)なかなか、硬くなりません。気長に待ちましょう。
ボカシもなんとか、やってますよ。本当に臭くない!!(ボカシ)自分で作るのはちょっと、自信ない。でも生ごみはぜんぜん、抵抗ないし、返って手がすべすべしてきた感じです。ラベンダー石鹸の香りが洗面所で香っていい気持ちです。

 2005/05/27 M.Mさんより....(2005/05/23に我が家でEM講習会に参加)
 先日は、せっけん作りに、EM発酵液、........ありがとうございました。
さっそく、におい消し用の液を作り、台所や部屋に振りかけました。そしたら、本当に臭いがとれてすごく嬉しかったです。あっちこっちに、シュッシュッとしています。
この威力は、すごい!また、せっけんも楽しみにしています。

お花のアニメーションは花素材集でお借りしています。

トップへ