ハーブエキスの抽出
《石鹸作りとハーブティーに利用》

鍋にハーブ(レモングラス)が浸る程度の水を入れ沸騰したらハーブを入れて3分〜5分煮出し、ざるで濾します。写真のように茶褐色になっていれば充分だと思います。
エキスを濾過します。たくさん作ったときは冷凍保存しておきます。レモングラスのエキスをハーブティーに利用する場合は、カップに3分の1程度入れ熱湯を注ぎます。冷茶の場合もグラス3分の1程度入れ冷やした水と氷で割ります。レモングラスは入浴剤としても利用できます。
《その他のハーブ》

◇ハイビスカスは水から入れ沸騰したら火を止めて冷めるまで待って濾過します。

◇レモンバームやミント、カモミールは(石鹸に利用するときは沸騰したお湯に入れ3分で火を止め冷めてから濾過しました。)ハーブチィーで利用する場合、沸騰したお湯に入れ3分程度ですばやく濾します。長く煮出すと苦味がでて風味も損なわれてしまうからです。

◇ヨモギは生葉を利用し(乾燥葉もよい)5分程度煮出し冷めてから濾過しました。

※我が家では、自家栽培し、乾燥保存したものを上記の方法で抽出しペットボトルで冷凍保存して使ったりします。時期的には生葉をハーブティーにして楽しんでいます。春先のものより夏〜秋にかけてのものが香りが良いようです。

ハーブの採取時期・・・(カモミールは春〜初夏・レモングラスは初夏〜秋・レモンバーム、ミントは春〜秋・ヨモギは春・ハイビスカスは初夏〜秋)

★ハーブの扱いについては我が家流(経験から)で紹介していますので、効能など詳細についてはハーブ専門のホームページなど参考になさってみてください。

戻る